長良川シャツ

長良川シャツとは、岐阜県の伝統産業「美濃和紙」を使って仕立てたシャツです。シャツを通して、長良川の素晴らしさを少しでも体感してもらいたい。そのような想いから「長良川の産業や文化を伝えるシャツ」を仕立てようと生まれたのがキッカケです。ぜひご支援ください。

オフの日にオシャレにゆったり。 男性に着ていただきたい3タイプがあります。

長良川シャツは、ゆったりと着られるのにスマートに見えるようなデザイン。ぜひ休日に着ていただきたいシャツです。

場所や時を選ばないスタンダードなボタンダウンシャツ。どんなパンツにも合わせられます。

肩まわりをラグランにすることで、動きやすく着やすいシャツです。首回りも少しだけゆとりがあるので、ラフに着られます。

ポイントは、首に沿うように寝かせた襟デザイン。Uネックのように見えるカッティングで個性が際立ちます。

いつでも快適に着てほしい。そのために、たて糸に綿100%の綿糸、よこ糸に美濃和紙で作った紙糸を使用した布を開発。高い吸水性と耐久性で、季節を問わず着られます。

縫って、切って、また縫う。それでは縫い目が美しくありません。糸を切らずに縫うことで、美しさが生まれるのです。

気兼ねなくスタンドカラーを楽しんで頂くために、襟を寝かせています。UネックのTシャツのようにデイリーに着られます。

シャツを着ないときでも美しく見えるように、畳んだシャツのカタチにもこだわりました。

裏から見ると2本のステッチですが、表は1本。シャツを美しく見せるための難しい縫い方です。

日本三大盆踊りの1つ、郡上市の「郡上おどり」。日本唯一の御料鵜飼として皇室に保護されている岐阜市と関市の「鵜飼い」。世界三大刃物産地である関市の「刃物」。ユネスコ無形文化遺産に認定された美濃市の「美濃和紙」。他にも数多くの産業や文化が、長良川流域にはあります。(写真提供〜岐阜市)

株式会社関谷シャツ

取締役社長 関谷𠀋夫

専務取締役 関谷真治

工場責任者 渡邊辰巳

長良川の上流で素材を作り、下流で加工して製品を作る。長良川には「川」を中心として産業や文化が発展してきた歴史があります。私たち関谷シャツはこの地で90年以上、ドレスシャツや学生用シャツを製造販売するメーカー。シャツを通して、長良川の素晴らしさを少しでも体感してもらいたい。そのような想いから「長良川の産業や文化を伝えるシャツ」を仕立てようと生まれたのがキッカケです。

株式会社新東通信

クリエイティブイノベーション本部

クリエイティブディレクター・コピーライター 成瀬雄太

プランナー 祐川幸子

アートディレクター 岩田信治

名古屋・東京に本社を置き、全国に支社がある広告代理店です。地域に根ざした課題解決を得意とし、地域、伝統工芸、イノベーションをテーマにクラウドファンディング事業を進めています。今回の長良川シャツは「地域の魅力を発信・体感するシャツ」というコンセプトでデザイン設計をしました。今後、さまざまな展開を考えていますので、ぜひご期待ください。

【商品について】

素 材:横糸 和紙100%・縦糸 綿100%

 色 :生成り

ボタン:天然貝ボタン

縫 糸:綿糸

洗 濯:洗濯機使用OKです。中性洗剤を使用し手洗い若しくは洗濯機の場合はネットに入れ、

弱水流洗いをしてください。漂白剤は使用しないでください。日陰干ししてください。

※詳しくは取り扱い表示をご確認ください。

●洗濯後は素材の特性上、若干の縮みや歪みがでる場合があります。

●皮膚に優しい吸水性と清涼感があります。

●和紙の風合いをお楽しみになりたい方は中性洗剤での手洗いをお勧めいたします。和紙は自然の植物を用いるため繊維に不純物(チリ)が混ざっている事があります。抄紙の際完全に除去できない事がございます。

●ビジネスワイシャツとしてカチッと着こなしたい方は軽くアイロン仕上げを行ってください。

●画像と実際の商品の色味は若干異なる場合がございます。

●各部のサイズは試作段階のものです。今後、若干変更になる可能性があります。

●made in gifu japan

【生地について】

Q:洗濯をした際、生地は溶けませんか?

A:溶けません。品質検査でも一般の生地同様の機能性を確認しております。

Q:アイロンはかけられますか?

A:かけられます。

Q:生地の質感を教えて下さい。

A:質感は柔らかいリネン生地に近いイメージです。洗うことでシワが出ます。

tel. 058-392-6561